世界のコーヒー豆生産国〜タンザニア〜

世界のコーヒー豆生産国〜タンザニア〜

タンザニア

東アフリカに位置する共和制国家

 

アフリカ大陸最高峰キリマンジャロがそびえたつ。

生産者の約90%が小規模農家で残りが農園によって生産されています。

生産されたコーヒー豆はほとんど輸出され、国の重要農産物となっています。

コーヒー豆の大きさによってランク付けが変わります。

AA(6.75mm以上)

A(6.25mm〜6.75mm)

B(6.15mm〜6.25mm)

C(5.9mm〜6.15mm)

と4つにランク分けされます。

 

コーヒー

果実から生豆にする工程で水洗い式のアラビカ種だけがキリマンジャロと名乗れます。

標高が高めの1500m〜2500m付近で栽培されており、個性的で品質も高い。

強めの酸味と柑橘系のような甘みが特徴。

さっぱりとした飲み口で雑味もなく飲みやすいです。

 

今回はここまで。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

世界のコーヒー豆生産国カテゴリの最新記事