世界のコーヒー豆生産国〜ベトナム〜

世界のコーヒー豆生産国〜ベトナム〜

ベトナム

東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和国

 

ベトナムと言えば

ベトナムコーヒーが有名ですが、聞いたことがあったり、飲んだことがある方も

多いんじゃないでしょうか。

最近ではカフェなどで飲むことができるお店も増えてきました^^

 

ベトナムコーヒーとは

ベトナムで飲まれている伝統的なコーヒー。

一番の特徴は練乳(コンデンスミルク)を使うため、その甘さです。

あとは独自の抽出器具と深めの焙煎豆を使います。

ブラックコーヒーが飲めない人にも人気があります。

 

ベトナムはブルジルに次いでコーヒー豆生産量2位というコーヒー大国です。

しかしながらその生産の中心はロブスタ種となっています。

ロブスタ種はアラビカ種と比べ酸味がなく、苦味が強く野性味溢れる味が特徴です。

 

そのため味が強烈で飲みにくいロブスタ種を美味しく飲むために考え抜かれたのが

ベトナムコーヒーなんです。

 

ベトナムコーヒーの特徴

甘く濃厚なコーヒーですね。

砂糖を入れる甘さとはまた違った甘さが特徴です。

疲れた時に飲みたくなるような感じで、普段のコーヒーとはまた別物。

あっ!飲む前にしっかりとかき混ぜてくださいね!

コーヒー自体は深めで濃いコーヒーなので、混ぜないと苦いです^^:

 

いかがでしたでしょうか。

 

インドでもアレンジしたコーヒーが出てきましたが、

ベトナムコーヒーもまた違った面白さがありますね^^

自宅で入れるとなると、器具を別で揃えたりしなければならないので

難しいですが、カフェでも飲めるところが増えてきていますので、

ぜひ飲んでみてください。

 

今回はここまで。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

 

世界のコーヒー豆生産国カテゴリの最新記事