コーヒー豆を長持ちさせる保存袋の話

コーヒー豆を長持ちさせる保存袋の話

コーヒー豆は鮮度だ!!

とお伝えしてきましたが、その鮮度を長持ちさせる保存袋のお話です。

コーヒー豆を購入するとコーヒー豆を入れてくれる袋のことですね。包装袋とも言いますね。

 

保存袋には色々な種類があることをご存知でしょうか。

保存袋はただコーヒー豆を入れておくための袋ではないんです。

 

焙煎したてのコーヒー豆は二酸化炭素を多く排出します。

なんでもない袋にコーヒー豆が入っていると、二酸化炭素が袋内に充満し豆が劣化する原因になります。また、袋が破裂する恐れもあります。

 

そのためコーヒー豆の保存袋はコーヒー豆専用の袋に入れるのが正解なんです。

それではコーヒー豆専用袋の紹介です。

アロマブレスパック アロマキープパック ボタン型バルブ
アロマブレスパック アロマキープパック バルブ
ガスの排出 ★5つ ★4つ ★4つ
保存性 ★3つ ★5つ ★5つ
気密性 ★3つ ★5つ ★4つ
価格帯 ★3つ ★4つ ★5つ
特徴 コーヒー豆から出るガスを袋外へ放出 コーヒー豆から出るガスを袋の外へ出すとともに、外気の侵入を防ぐ コーヒー豆から出るガスを袋の外へ出すとともに、外気の侵入を防ぐ
イメージ アロマブレス アロマキープ バルブ
通過性 袋内のガスが抜けきったら外気の侵入の可能性あり 外気の侵入なし 外気の侵入なし
排出方法 アロマブレスシール フィルム製ワンウェイバルブ ボタン型BOSCHバルブ(一部商品を除く)
ポイント 袋に特殊なシール加工を施すことで、コーヒーガスを袋の外に放出する機能をもったコーヒー袋です。焙煎したての豆を詰めても破袋の心配なし。この3種類の中で最もリーズナブルな袋です。長期保存には不向き。

フィルム製のバルブなので、かさ張りません。コーヒーの劣化の原因である空気中の酸素を浸透させないため、袋内を常に脱気状態にして豆の鮮度を長く保つ働きをします。 また、自動で取り付けますので、価格的もリーズナブルです。

厚さ2mmのボタン型バルブを1つずつ手で付けていきます。コーヒーの劣化の原因である空気中の酸素を浸透させないため、袋内を常に脱気状態にして豆の鮮度を長く保つ働きをします。 価格は他の2つに比べて高くなります。

 

こちらは、コーヒバックなどの専門店です。
上記のような保存袋を使用されている店でのご購入を推奨します。
もちろんこれだけでなく、他社さんのものもあるため、コーヒー豆を購入した際には気にしてみてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか。

 

コーヒー豆専用の袋は性能がとても良いので、コーヒー豆の鮮度が落ちにくくなっています。
ただ、保存袋がよくても正しく保存しないと意味がないのでお忘れなく。

 

今回はここまで。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

コーヒーを知ろう!カテゴリの最新記事