コーヒーは体に悪い?は誤解だった。

コーヒーは体に悪い?は誤解だった。

コーヒーは体に良いのか?悪いのか?

実際はどうなんでしょう???

体に良いとも聞くし、悪いとも聞きます。

ではまず、なぜ体に悪いと言われるようになったのか考えてみます。

コーヒーが体に悪いと言われ始めた背景として、一つは酸化したコーヒーが原因じゃないかと思います。

では、なぜ酸化したコーヒーが原因なんでしょう?

 

新鮮なコーヒーは本当においしく頂けるんですが、古くなり酸化したコーヒーを飲んで具合が悪くなった可能性が高いです。

コーヒーにはもともとお腹を緩くする効果や利尿効果があります。

新鮮、新鮮でないに関わらず、トイレが近くなるような効果があるんですね^^:

さらに酸化したコーヒーには胃への負担が増えます。

鉄が錆びるのを思い浮かべて欲しいんですが、あれも酸化が進み錆ができそれが進むにつれてボロボロになり、硬い鉄が折れることもあります。

コーヒーも酸化することで錆はしませんが(笑)、痛むってことです。

そんなコーヒーを飲んだら、お腹を壊したり、具合が悪くなっても無理ありませんね。

じゃあどうすれば良い?

答えは簡単。

新鮮なコーヒーを飲めば良いんです。

新鮮なコーヒーとは

焙煎したて、挽きたて、淹れたてのコーヒーですね^^

焙煎したて、挽きたて、淹れたてのコーヒーを飲むのが一番!!

さらに言うと、焙煎したての豆を買って、適切に保存し、淹れる前に挽いておいしく飲む。

 

①酸化したコーヒー豆を使う職人

②新鮮なコーヒー豆を使う素人

どちらがおいしく淹れられるかと言うと、絶対に後者です。

 

それほど新鮮なコーヒー豆が重要と言うことですね^^

仮に点数をつけるなら

①は0点

②は70点から80点ほどですかね。

 

いかがでしたしょうか?

 

新鮮なコーヒー豆でおいしいコーヒーを飲めば体に悪くないんです。

間違った知識でなく、正しい知識がたくさんの人に知ってもらえると嬉しいです。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

 

コーヒーは体に悪い?は誤解だった。缶コーヒーの話

 

 

コーヒーを知ろう!カテゴリの最新記事