コーヒーは体に悪い?は誤解だった。カフェインの話

コーヒーは体に悪い?は誤解だった。カフェインの話

コーヒーは体に悪いと言われる1番の原因だと思われる、

カフェインのお話です。

カフェインは良いのか、悪いのか。

カフェインは、植物中に含まれる窒素を含む塩素性のアルカロイドの一種です。

ニコチン、コカイン、モルヒネなどもこの一種です。

 

アルカロイドは、正しく使用すれば薬になり、間違えると毒とかします。

コーヒー以外にも、お茶や紅茶などにもカフェインは含まれます。

 

カフェインの取りすぎは体の毒です。

大量摂取で死に至ることもあります。

ちなみにカフェイン摂取での致死量は一度に10g以上を摂取した場合です。

では飲み物別のカフェイン量を見てみましょう。

飲み物別のカフェイン量目安(150mlあたり)

コーヒー(レギュラー)       80mg〜150mg

コーヒー(インスタント)      70mg

玉露                180mg

緑茶                30mg

ウーロン茶             30mg

紅茶                50mg〜80mg

ココア               30mg

コーラ               15mg

エナジードリンク          60mg〜80mg

こう見ると確かにコーヒーのカフェインは多いですね^^:

 

では、先ほどの致死量で見てみましょう。

コーヒー1杯100mlだとすると、致死量が10gなので、100杯です。

一度に100杯飲むと死に至る可能性があり、危険と言えます。

 

なので、一日に100杯近くコーヒーを飲む人だと

体に悪いと言えるんですが、まずそんな人いませんよね^^:

次にカフェインの効果を見ていきましょう。

カフェインの具体的効果

眠気覚まし

疲労を取り除く

胃液の分泌を助け、消化を良くする

脂肪燃焼を促進

記憶力向上

アルツハイマー病、パーキンソン病予防

などがあります。

 

コーヒー(カフェイン)の効果は研究が進んでおり、医学的にも証明されてきているものが多いです。

コーヒーは発見された当初から、薬として扱われてきました。

歴史の長いヨーロッパでは300年以上前から、

コーヒーは健康食品なんです。

 

ただし、「新鮮で良質なコーヒー

 

という条件が必ず必要なんです。

 

こちらの記事でも書きましたが、

古くなり酸化したコーヒーが体にいいはずがありませんよね?

腐った食品は食べませんよね?

なぜなら、体に悪いからです。

コーヒーも一緒なんです。

 

いくら新鮮なコーヒーが体に良いと言っても、取りすぎは禁物です。

多くても一日4〜5杯程度が良いと思います。

コーヒーは嗜好品なので、適度に楽しむのが良いですね^^

 

今回はここまで。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

 

 

コーヒーを知ろう!カテゴリの最新記事