カフェインレスコーヒーとは?

カフェインレスコーヒーとは?

カフェインレスコーヒーとはカフェイン0%のコーヒー!

 

ではありません。

 

日本では特に基準を設けられていませんが、コーヒー公正競争規約 では

カフェインを90%以上除去したコーヒーは、「カフェインレスコーヒー」、「デカフェ」等と表示して良いこととされています。

要するに日本でのカフェインレスコーヒーはカフェインが通常の10%未満のものです。

 

ちなみにEUでは基準が設けられており、99.9%以上カフェインを除去したものが

「カフェインレスコーヒー」、「デカフェ」等と表示できます。

食品の安全性への影響が科学的に調べられており、厳格な基準となっています。

 

カフェインレスコーヒーを購入する際はカフェインの含有量を確認した方が無難ですね。

 

では、カフェインの除去方法を見ていきましょう!

  1. 有機溶剤を使用し除去
  2. カーボンフィルターで除去
  3. 超臨界二酸化炭素で除去

以上3種類があります。

では、一つずつ見ていきましょう。

有機溶剤を使用し除去

カフェインを取り除く際に使われる有機溶剤はジクロロメタンと言う化学薬品です。

コストが安いのが特徴です。

化学薬品が使われているコーヒーなんて飲みたくないですよね。

日本では食品衛生法で禁止されている方法なので、出回っていませんのでご安心を。

間接的に有機溶剤を使用する方法もありますが、ここでは割愛します。

こちらは、安全面も確保されているそうです。

カーボンフィルターで除去

スイスウォータープロセスまたは、スイス式と呼ばれています。

その名の通り、スイスで考えられた方法ですね。

化学物質を使わずにカフェインを取り除くことができます。

 

二酸化炭素で除去

二酸化炭素を特殊な状態(超臨界)にし、それを使うことでカフェインを取り除く方法です。

コーヒーの香りや味などが落ちにくく、カフェイン以外の成分も残りやすいです。

イタリアで考えられた方法です。

 

液体二酸化炭素でカフェインを取り除く方法のあります。

これは最新の方法でドイツで考えられました。

上記よりもさらに本来の味に近く、美味しさが証明されている方法です。

 

いかがでしたでしょうか。

カフェインレスコーヒーは妊婦さんはもちろん、夜に飲む際や、カフェインを控えたい際にもってこいですよね^^

カフェインレスコーヒー =おいしくない

と言うのが正直な感想です。(市販のドリップバック)

 

せっかくのコーヒーですので、カフェインがあろうがなかろうが、おいしく飲んでもらいたいですね^^

焙煎によってもカフェインレスコーヒー の美味しさが変わるかも知れないので、研究してみます。

 

今回はここまで。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

コーヒーを知ろう!カテゴリの最新記事