お家コーヒー入門:コーヒーの淹れ方編

お家コーヒー入門:コーヒーの淹れ方編

今回はコーヒーの淹れ方編です。

準備編でオススメしたペーパードリップの淹れ方を紹介します。

実は以前にもお家コーヒー初心者必見!!美味しいコーヒーを淹れる ペーパードリップ編で紹介しているのでが、改めて紹介します。(さらに美味しくなるように、ちょっと変わった大事な部分があります)

ペーパードリップ(2人分)

①まずは沸騰したお湯をサーバー、コップに注ぎ温めましょう。

温度差で味が落ちるのを防ぐためです。

②ペーパードリップ用に挽いた豆を用意。

豆の量はコーヒーカップの容量の1割を目安にしてください。

150ccなら15g、200ccなら18g、300ccなら26g、400ccなら32gが基本です。

(お好みで量は変えてください)

 

③では、いよいよ抽出です。

まず、1回目のお湯は「蒸らし」

真ん中から「の」の字を書くように少量ずつゆっくりとお湯を注ぎます。

コツとして、

1.粉の上にお湯を置くような感じで

2.1回目は、サーバーにコーヒーが落ちないくらいの量で

3.ペーパーにお湯をかけないように

④お湯を注ぐと、むくむくと豆がふくらんできます。

これが新鮮でいい豆の証拠!

穴やくぼみができるのは、豆が古かったり、良い豆でない証拠。

コーヒーは生ものなんです。。。

⑤ふくらみが止まったら2回目のお湯を注ぎます。

1回目よりお湯は多めでOK!「の」の字を書くように注ぎます。

15秒くらいかけ丁寧に。

ドリッパーには当てないようにしてください。

3回目4回目も同じように注いでいきます。

分量まで抽出したら、ドリッパーを外します。

抽出したい分量の半分ほどまで抽出したら、ドリッパーを外します。←変更部分

その際、ドリッパーの中の泡を落としきらないようにしましょう。

お湯が少し残った状態で外せばOK!

泡まで落としきってしまうと、えぐみや渋みの原因となってしまいます。

目安の分量になるまで、お湯を足します。←追加部分

最後にサーバーのコーヒーをよく混ぜてください。

上下で濃さの違いが出るので均一にしてあげましょう。

  

⑦これで完成!究極のコツは心を込めて淹れることかな。

やっぱり気持ちは重要なんです。

今まで飲んだことのない格別なコーヒーが堪能できますよ。

なぜ、抽出を半分で止めるのか

抽出前半は、コーヒーの旨み成分が出てきます。

抽出後半は、雑味や渋味などが出てくるので、なるべく旨み成分だけにするようにしました。

お湯を混ぜても、分量を守れば薄くならずにおいしく飲めます^^

試しに、後半部分を別のコップに入れて飲んでみたところ、

薄くなり、雑味や渋味が感じられ、おいしくなかったです。(奥さんにも飲んでもらったところ、同意見でした)

 

後半捨てるのはもったいないとか思うかもしれませんが、一度試して頂けると嬉しいです^^

 

いかがでしたでしょうか。

基本的なことを守るだけで、お家でも職人が入れたような美味しいコーヒーが飲めます。

ぜひ一度興味を持って、試して頂けると嬉しいです^^

 

入門編はとりあえずこれで終わりです。

 

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

 

お家コーヒー入門カテゴリの最新記事