コーヒーに入れる砂糖はなんでもいいの?

コーヒーに入れる砂糖はなんでもいいの?

僕はコーヒーはブラックで飲みますが、中には砂糖を入れたいという方もいますよね。

全然いいです!問題なし!

 

ちょっと話はそれますが、海外では砂糖が入っていてもブラックコーヒーと言います(笑)

また、砂糖を入れる方が一般的な国も多いです。

日本だと、黒い=苦い=ブラックみたいな感じですよね^^

海外だと、黒い=ブラックなので、砂糖が入っていようとなかろうと黒いため、砂糖が入っていてもブラックコーヒーなんですね^^

これはなんか日本独特のものですね。

 

では、本題に。

ぶっちゃけお好きなものをどうぞ。でもいいと思います。

砂糖の種類をあげると、

グラニュー糖

角砂糖

上白糖

角砂糖

コーヒーシュガー

黒糖

三温糖

などがありますね。

 

コーヒーに入れるのに一般的なのは

グラニュー糖、角砂糖、コーヒーシュガーですかね。

 

家庭でよく使われ、家にありそうなのは

上白糖、三温糖、黒糖もあるかもしれません。

実際に砂糖を入れるとどうなるのか?

はい。当然甘くなります^^;

他にはないのか?というと、あるんです。

 

コーヒーは利尿作用もあり、どちらかというと水分を放出するものです。

しかし砂糖を入れることにより、喉を潤す効果があるとされています。

さらに、疲労の軽減効果もあり疲れた時にはピッタリです!

実は、古くから中南米などの国では、コーヒーに砂糖を入れ飲まれてきたそうです。

スポーツドリンクはないし、一般的な飲みもののコーヒーで喉を潤そうとして、砂糖が入れられるようになりました。

砂糖を入れる際の注意点

三温糖、黒糖など個性が強い砂糖はコーヒーの味や香りとぶつかってしまうため、オススメしません。

入れすぎも注意です。

コーヒー自体は、太る要素0。むしろダイエット効果が期待できますが、砂糖を入れることによって肥満の原因になる可能性があります。(あくまで可能性です)

アホほど入れなければ問題ないと思います^^;

 

 

いかがでしたでしょうか。

TPOに応じて砂糖を入れてもいいですし、砂糖を入れることで、よりコーヒーの幅が広がるかもしれませんね。

 

今回はここまで。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時』を提供できることを願います。

 

コーヒーコラムカテゴリの最新記事