コーヒーフレッシュのとはなんなのか?

コーヒーフレッシュのとはなんなのか?

喫茶店やカフェ、外食チェーン店などでコーヒーについてくるアレです。

これです!

 

あなたはこれなんだか知っていますか?

ミルク?それとも生クリーム?

どちらでしょうか!?

答えは!

どちらでもないです!!

 

きっとほとんどの人が、ミルクか生クリームと答えるでしょう。

しかし、違うんです。

 

実は、、、

水と植物油と食品添加物からできています。

 

ミルクは1ミリも入っていないんです。

 

水と油が入って分離しないのは、乳化剤が入っているから。

ミルクっぽい色をしているのは、着色料を使っているから。

ミルクっぽい香りがするのは、香料を使っているから。

 

そもそも、ミルクや生クリームだったら長期保存できないし、常温にも置きません。

なので日持ちさせるために、これまた添加物が入っているんですね。

 

コーヒーフレッシュとは、「ミルクっぽいただの油」でした。

 

ちょっと調べてみましたが、香料は3000種類以上あるらしく、それらを組み合わせて再現できない香りはないそう。

こりゃあミルクと騙されますわな^^;

 

食品添加物は調べると、えっ?そうなの?みたいなことがよくあります。

例えば、乳化剤は食品添加物ですが、化粧品や洗剤にも使われます。

実はあの界面活性剤なんです。

コーヒーフレッシュに界面活性剤が入っているとは・・・

界面活性剤を飲んだことがあったとは・・・

 

コーヒーフレッシュは危険と訴える人も多いです。

調べると色々出て来ます。研究報告もあります。

 

コーヒーにはミルクか生クリームを入れるようにしましょう!!

 

そもそも、本当においしいコーヒーはミルクなどなくても飲めると個人的に思います。

普段、フレッシュを入れる方は入れなくても飲める、おいしいコーヒーを探されてはどうでしょう?

 

今回はここまで。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時』を提供できることを願います。

 

 

 

 

 

コーヒーコラムカテゴリの最新記事