世界のコーヒー豆生産国〜ウガンダ〜

世界のコーヒー豆生産国〜ウガンダ〜

ウガンダ

東アフリカに位置する共和制国家

 

馴染みのない国ですが、日本の本州と同じくらいの大きさの国。

ケニアやタンザニアなどの国に囲まれている内陸国です。

とても美しい自然にあふれ「アフリカの真珠」とよばれるくらい。

コーヒー栽培は国の主要農作物で多くの国民が生産を支えてます。

 

コーヒーの特徴

実はロブスタ種発祥の地とされています。

そのためかコーヒー輸出量の約80%はロブスタ種なんです。

残り約20%がアラビカ種なんですが、こちらの栽培地区では

農薬、化学肥料は使わず有機肥料のみで栽培されており

オーガニックコーヒーとしても注目されています。

アフリカ産のコーヒーは酸味が特徴的でしたが、

ウガンダ産のコーヒーは酸味は主張せず、マイルドでバランスがいいのが特徴です。

 

今回はここまで。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

世界のコーヒー豆生産国カテゴリの最新記事