世界のコーヒー豆生産国〜エルサルバドル〜

世界のコーヒー豆生産国〜エルサルバドル〜

エルサルバドル

中央アメリカの小国

 

もともとコーヒー栽培は政府主導の元、強制的に生産が始まった国です。

隣国にグァテマラ、ホンジュラス、近隣国にはニカラグア、パナマ、コロンビアなどのコーヒー生産国ばかりで、エルサルバドルも土地柄などはコーヒー栽培に適した国です。

 

現在では、エルサルバドルにとってコーヒー栽培は国の主要農業となっています。

 

コーヒー

エルサルバドルで開発された「パカラマ種」のコーヒーが

カップオブエクセレンスで高評価を取り注目されることに。

飲みやすい酸味で後味スッキリ。

流通量が少ないので、見つけたら飲んでみる価値あり!

 

味わい深いコクがおいしい物もあり飲みやすいです。

オススメできる生産国です^^

 

今回はここまで。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

 

 

世界のコーヒー豆生産国カテゴリの最新記事