世界のコーヒー豆生産国〜ニカラグア〜

世界のコーヒー豆生産国〜ニカラグア〜

ニカラグア

中央アメリカ中部に位置するラテンアメリカの共和制国家

 

他国と違い大規模農園がほとんどで、効率よく栽培し収穫を行なっています。

他国は小規模農園が多いのになぜ?ってところですが、

ちょっと同じ中央アメリカのグァテマラで比べてみましょう^^

 

ニカラグアは人口が約600万人で国の面積が130,400 km²、人口密度は約47 人/km²

グァテマラは人口が約1600万人で国の面積が108,900 km²、人口密度は約156 人/km²

 

はい。ニカラグアの方が土地をたくさん使えることが分かりますね^^

人が少ないのに土地がたくさんあるので、大規模でできているんですね。

 

コーヒー

サードウェーブの影響があり、品種を限定した栽培方法などが広まりつつある。

「マラゴジペ」という品種が唯一、昔から選別され特別なものとされてきました。

爽やかな香りが特徴的で酸味、甘味などのバランスも良く日本人に好まれる味。

甘みが強い種類も多く、一度は飲んでみたいコーヒーですね^^

 

今回はここまで。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

世界のコーヒー豆生産国カテゴリの最新記事