コーヒー豆を知る③ 味の決め手!!焙煎のお話し

コーヒー豆を知る③ 味の決め手!!焙煎のお話し

味の決め手は焙煎だ!!

と、

言ってもいいでしょう。

 

焙煎はコーヒー豆の個性を引き立たせるための重要な工程なんです。

いくら良い豆を仕入れても、焙煎を間違うと個性を引き出せない。

コーヒー豆の個性を活かすも殺すも焙煎なんです。

 

では、焙煎の段階の紹介です。

大きく分けて8段階

浅煎り

ライト・ロースト

酸味が際立つ、飲むには適さない。

シナモン・ロースト

主にカッピングテスト用。

中煎り

ミディアム・ロースト

酸味が強い。エチオピアやタンザニアなどがオススメ。

ハイ・ロースト

優しい酸味で、豆の個性が発揮されやすい。日本では一般的な焙煎度。

ブラジル、コロンビア、グァテマラなどがオススメ。

シティー・ロースト

酸味、苦味ともに弱くなる。多種多様な豆にオススメ。

深入り

フルシティー・ロースト

酸味が弱く、苦味が強くなってくる。

フレンチ・ロースト

苦味が強い。アイスコーヒーにオススメ。

イタリアン・ロースト

かなり苦い。エスプレッソにオススメ。

 

美味しいコーヒーを飲むためにはこの焙煎度も重要になってきます。

良い生豆×良い焙煎=美味しいコーヒー

ってのが一般的ですね。

 

しかし、

 

それがあなたに当てはまるかというと、また別なのも事実。

 

あなたの好みの豆×適切な焙煎(あなたのための焙煎)=あなたが美味しいと感じるコーヒー

ではないでしょうか?

 

時代は進んでおり、以前までは難しかった

一人一人のお客様にあった焙煎ができるようになってきています。

 

当店で扱う予定の熱風式焙煎機は

温度、風量、時間を工程ごとに細かく変更ができます。

そのため、あなたにあったオリジナル焙煎を可能とします。

 

ただし!!

 

ぶっちゃけ難しいのは事実です^^;

 

それに挑戦したい!!一人でも多くの方に知ってもらいたい!

その想いを忘れず、挑戦していきます!!

 

それまでしばし、お待ちください。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

 

 

コーヒー豆を知ろう!カテゴリの最新記事