コーヒーを淹れるときの温度って?

コーヒーを淹れるときの温度って?

コーヒーを淹れるときの温度は気にしたことはありますか?

 

こだわりの強いプロの方は温度計を使ったりし、気にされるようです。

しかし、実際にお家で淹れる際に温度計まで・・・

なかなか使えませんよね^^;

 

まずは適切な温度とは?

UCCのHPには95℃前後

ドトールコーヒーは93℃

タリーズコーヒーは90℃

スターバックスコーヒーは90℃〜96℃

カルディは90℃前後

などなど

そのほかにも80℃〜だとか、85度〜とかいろいろです。

 

僕自身、測ったことがないので正確にはわかりませんが、だいたい90℃前後で淹れていると思います。(正確なこと言えなくてすいません。^^:)

 

次は僕がしているコーヒーを淹れる前の温度調節方法です。

1、電気ケトルでお湯を沸かす。

2、沸いたら、サーバーとコップにお湯を入れて温めながら温度を下げます。

3、サーバーのお湯をドリップポッドに移す

4、ドリップ開始。

5、蒸らしの間に、コップのお湯をドリップポッドに移す。

上記の様に温度調節しています。

 

こうして書いていると、90℃なさそうですね。

85℃前後くらいかもしれませんね。

まあ、おいしいので大丈夫です^^

 

測った方が正確に分かりますが、測らなくてもだいたい調節できますね。

温度調節機能付きの電気ケトルも発売されています。

これが一番簡単ですよ^^

 

温度による味の変化

一般的に言われているのは

苦味は高温時に感じやすく

酸味は低温時に感じやすい

です。

 

コンビニのコーヒーはかなり熱いので最初はあまり味が分からないことないですか?

熱すぎると味がよくわからず、なかなか飲めないので、飲める程度まで下げた方が

おいしく飲めますよね^^

 

また、温度変化による味の変化も楽しみの一つです。

本当においしいコーヒーは冷めてもおいしいです。

冷めると「酸っぱくなったり」、「ツンとした感じが出たり」、「渋みが出たり」と

おいしくないコーヒーもありますよね?

 

ぜひ、温度変化で味を楽しめるおいしいコーヒーを飲んでみてほしいです^^

 

今回はここまで。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

 

 

コーヒーコラムカテゴリの最新記事