ペーパーフィルターの色の違いで何か変わる?

ペーパーフィルターの色の違いで何か変わる?

普段からコーヒーを淹れるときにペーパーフィルターを使用している人は知って見えるかもしれませんが、ペーパーフィルターには2種類の色があります。

ペーパーフィルターの2種類の色

「茶色」と「白色」ですね。

「茶色」は未漂白

「白色」は漂白です。

漂白というと聞こえが悪いかもしれませんね^^;

    

漂白には2種類あり、塩素漂白と酸素漂白です。

ペーパーフィルターの漂白には酸素漂白されています。

塩素系は刺激(臭い)が強いですが、酸素系はそれがなく安心して使えると思います。

目的は色抜きと殺菌、臭い取りです。

 

「茶色」のフィルターは紙本来の色をしています。

僕たちの知っている白い紙は漂白されているんですね^^

色による値段の違い

高いのが「茶色」

安いのが「白色」です。

以外にも、漂白する手間のある方が安いんですね^^;

だいたい40円前後の違いです。

漂白する方が一般的だからでしょうか?

ペーパーフィルターの色で臭いは本当に違うのか

僕はあまり変わらないというのが本音です(笑)

中には「茶色」には独特の臭いがある、という方も見えますね。

その人次第という感じです。

ペーパーフィルターの色で味が変わるか

これはなんとも言えませんが、変わらないというのが本音です。

もちろんどちらも試したことがありますが、違いがわからん。。。

これは好みの問題ですね。「茶色」が好きか「白色」が好きか(笑)

もちろん値段で決めてもいいと思いますし、普段買われる所にどちらかしかなければそれでいいですね。

 

いかがでしたでしょうか。

このようなちょっとした疑問の解決ができたでしょうか。

 

ちょっとした疑問など連絡いただけると嬉しいです^^

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

 

 

 

 

コーヒーコラムカテゴリの最新記事