なんでいいコーヒー豆を買ったのに、しばらくしたら酸っぱく感じるの?

なんでいいコーヒー豆を買ったのに、しばらくしたら酸っぱく感じるの?

おいしいコーヒーを飲むためには

コーヒー豆を買ってくるのは定番です。

 

しかし、豆で買ってきたのはいいけれど、200g、300gと1回では飲みきれない量。

買ってきた当初は美味しく飲めるけど、気が付いたら、あれ?味が違う。なんか酸っぱい気が。

という悩みを持っている方も多いかと思います。

このような悩みを持っている方は

あることに問題がある可能性が高いです。

 

せっかく味が違うと気づけたのに、そのままにしておくのは

正直もったいないです。

どうせなら豆がなくなる時まで

おいしいコーヒーを飲みたいですよね。

例えば、急にお客さんがきて、コーヒーを淹れる。

その時に鮮度が落ちた、酸っぱいコーヒーを出したくはないですよね。

 

普段の美味しい自慢のコーヒーを出したい、飲んでもらいたいと思うでしょう。

これから紹介することを、試してもらえたら嬉しいです^^

 

豆の保存方法一つで鮮度は保てるんです!!

本来、豆のままなら約1ヶ月は鮮度が保てるはずなんです。

豆の鮮度が劣化する理由として

■空気に触れることにより、酸化が進む。

■光や高温に弱く、酸化が進む。

■湿気が入り、風味を損ねる。

■香りが移る

主に、酸化することで、風味の劣化、香りの劣化が起こってしまします。

 

〜改善策〜

■密閉容器に入れる

真空になるものや空気が入らないもの

■冷凍保存

1ヶ月以上保存したい時にはオススメ

■良い包装袋を使用しているお店で豆を買う

コーヒーから出る炭酸ガスのみを排出する機能の付いたものがある

 

いかがでしょうか。

無意識に劣化するのが当たり前になってませんか?

 

コーヒー豆専門店ですので、自分の体験などを元に

学び、知識としています。

 

一般の方にはなかなか学ぶ機会が少なく、正しいことがわからないのは

当たり前です。

ただ、

知っていれば、最後の豆を使い切るまで、

おいしいコーヒーを飲むことが可能なんです。

 

そんなに難しいことは無いはずですので、ぜひ改善してみてください。

 

最後に、普段僕がやっている保存方法を紹介します。

 

保存方法紹介

まず、1ヶ月以内に飲みきれる量のコーヒー豆を購入します。

購入したコーヒー豆の包装袋が入る密閉容器に入れます。

以上。

 

包装袋が黒色で、ガスが抜ける構造のものなので

包装袋のまま密閉容器に入れてます。(包装袋にジップロックが付いていればそのままでOK)

あなたが、1ヶ月以内に飲みきれる量を知るのも忘れずに。

もし、多めに購入するときは、冷凍保存にしてください。

コーヒー豆には水分がほとんど無いので凍りません。

大丈夫です。

ただし、出したらすぐに閉まってください!

結露して、豆が痛みます。。。

 

これだけのことで、コーヒー豆を無駄にせずに済みます。

 

今回はここまで。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

 

コーヒー豆を知ろう!カテゴリの最新記事