logo         
  1. >
  2. >
  3. おいしいコーヒーを淹れるためにコーヒー豆を挽く。
おいしいコーヒーを淹れるためにコーヒー豆を挽く。
2019年1月17日 (木曜日)

おいしいコーヒーを淹れるためには

コーヒー豆の挽き方も知っておきましょう^^

 

基本的に

  • 粗挽き
  • 中挽き
  • 細挽き

の大きく分けて3種類の認識で大丈夫です。

 

何が違うかというと、抽出方法によって挽き方を変えています。

 

コーヒープレスだと粗挽き

ペーパードリップやコーヒーメーカーは中挽き

エスプレッソは細挽き

 

と、いうような感じです。

 

豆を挽く時は手動ミル、電動ミルの2種類。

1人前2人前なら手動ミルでも大丈夫ですが、僕はめんどくさかったので

最初から電動ミルを使いました^^

 

なのでオススメは電動ミルです!!

 

が!!

 

豆を挽く際のポイントがあります。

 

それは

 

粒度の均一さ、温度です。

 

 

粒度

粒度が均一であればあるほど、コーヒーの味は変わりにくく

粒度にバラツキが大きいと、コーヒーの味にムラが出ます。

そのため、なるべくムラがないように粒度が均一になるミルの方がいいです。

 

温度

豆を挽く際に、回転する刃が高速になれば粉が熱を持ってしまします。

熱を持ってしまうと、雑味が出やすく

特にコーヒーの香りが飛んで行ってしまいます。

 

手軽さの代わりに、味が台無しになってしまっては、元も子もありませんね^^:

 

ただ、ご心配なく。

 

そういうのは各メーカーさんが競い合って改善されてます。

安いものと比べると値段が張るのが痛いところですが。。。

 

まずは2000円〜3000円で買える

安い電動ミルで試してみて、あなた好みのミルを探してみるのが良いと思います。

価格帯が高くなるにつれ、熱を出さないように挽いてくれます。

 

そして、もう一つのポイント。

 

挽いた際の粉の均一度

安いものは、粒度を時間で調節する必要があるため、なかなか均一にできません。

高級なものほど粒度は均一です。

均一に挽くことで味にブレが無くなります。

 

美味しいコーヒーを飲むにはとても重要なことです。

 

どちらにせよ

美味しいコーヒーを飲むために、手動、電動、安い、高い関係なしに

電動ミルの購入をオススメします。

 

なぜなら

 

美味しいコーヒーを飲むための

 

3たて

 

を守ってもらいたいから。

 

今回はここまで。

 

あなたの暮らしに『しあわせなひと時を

 

おいしいコーヒーの秘密は『3たて』でした。

そらの最新ブログ

ページトップ