logo         
  1. >
  2. >
  3. 1日3杯のコーヒーで健康に。
1日3杯のコーヒーで健康に。
2019年9月6日 (金曜日)

コーヒーと健康については様々な研究が行われています。

現在確実にわかっているのは、

「コーヒーは健康にいい」

ということ。

 

このブログでも何回か触れていますが、改めてコーヒーと健康についてです。

 

1日3杯のコーヒーで健康に

なぜ1日3杯なのか?

それは、適度にポリフェノールやカフェインがとれ、コーヒーの飲み過ぎによる障害が出ない量だからです。

飲み方はもちろんブラックがいいです。(基本的に)

 

コーヒーの注目される有効成分は主に、

  • カフェイン
  • ポリフェノール
  • ニコチン酸
  • NMP

があります。

カフェインやポリフェノールは以前もふれましたが、ニコチン酸とNMPはまだでした。

ニコチン酸、NMPと聞いただけだとあまり良くない成分にみえますね^^;

ニコチン=タバコ

NMP=なんとなくです。

 

ニコチン酸とNMPのご紹介

ニコチン酸

元々はトリゴネリンという成分が焙煎によって動脈硬化、脂質異常症の予防に役立つニコチン酸に変化します。

血中の遊離脂肪酸の濃度を下げる。

ストレスを和らげる作用がある。

上記のような効果があり、ニコチン酸とよく似た成分がコーヒーの香りにも含まれています。

 

NMP

正式名称:N-メチル-2-ピロリドン

上記のニコチン酸同様、トリゴネリンという成分から焙煎によって変化し作られます。

ニコチン酸と同じく、リラックス効果を高めたり、強い抗酸化作用で発がん性物質を解毒します。

 

※ポリフェノールとカフェインについては別でご紹介しています。

http://localhost:8888/wordpress/blog/422/

http://localhost:8888/wordpress/blog/285/

 

女性こそ1日3杯飲むメリットが大きい

1、シミ予防

コーヒーに含まれるクロロゲン酸(ポリフェノール)は強い抗酸化作用を持っています。

クロロゲン酸が活性酸素の働きを抑制することで、シミができにくい肌になるというわけです。

 

2、子宮体がん予防

子宮体がんのリスクはコーヒーを週2日以下しか飲まないグループに比べて、1日1〜2杯飲むグループと3杯以上飲むグループでは低いという疫学研究の報告があります。

 

 

これからも新たな研究結果が発表されるはずですので、わかり次第ブログにて発信したいと思います。

 

 

 

そらの最新ブログ

ページトップ